究極のハチミツ-純粋ハチミツづくりを支える山口喜久ニ式自然養蜂

ハチミツの故郷

「山口喜久二式自然養蜂」とは、ジャパンローヤルゼリー(株)の創設者であり、中国雲南農業大学教授である山口喜久二が、40年近くにわたり、ミツバチ研究をして生み出した「究極の養蜂」です。

1. 標高の高いエリアに自生する蜜源植物を厳選

病害虫が飛来しにくく、かつ農薬を使用しない、清浄な環境をであることを第一に考えます。

2. 蜜源の周辺環境を事前調査

幹線道路から離れたおり大気汚染が無い場所で、周辺に抗生物質を使用した施設等がないことを弊社のスタッフが、現地まで赴き調査をする。

3. 自然交配による元気なミツバチを育成

病気に強いミツバチを育てるため自然交配し、強くて元気な蜜蜂を増やしていっております。

4. ミツバチ専用の水飲み場の設置

安全で安心できる環境づくりのため、常に新鮮な水を巣箱の近くに水飲み場を設置しています。

5. 「朝しぼり」の徹底

ミツバチは夕刻に蜜を集めて巣に戻ります。一般的には、その時点で採蜜する「夕しぼり」の蜂蜜を使用すると言われています。
しかし、「夕しぼり」の蜜は水分が多いため加熱処理で水分除去する必要があり、変質や変色など、味も香りも落ちてしまいます。
弊社の蜂蜜は、夕方蜂が持ち帰った蜜を蜂自らが羽を振るわせ水分を蒸発させ、糖度が十分に高まった翌朝に採蜜する方法を徹底しています。

6. 4回目以降の採蜜を徹底

養蜂現場では、ある特定の蜜源地域に巣箱を運んでいき、1~3回目採蜜ではほかの花蜜が混じってしまうため、「薬蜜本舗のハチミツ」は、4回目以降に採蜜する方法を徹底しております。

7. 蜂場で直に濾過作業

採蜜後、蜂場ですぐに濾過することにより、不純物等を除去し、蜂蜜の成分変化を回避します。

あなたのお気に入りの蜂蜜を見つけてみませんか?

トップへ戻る