究極のハチミツ-純粋ハチミツづくりを支える山口喜久ニ式自然養蜂

歴代皇帝に献上されたと伝えられている“幻の蜂蜜”を現代に甦らせました・・・。

冬に開花する不思議な植物「ヤハシ」です。
 このヤハシ植物から採れる蜜は、採蜜後、2日~3日で凝固し、バターのように固まるハチミツです。四季を通じても溶けず、数十年間にわたり味、色、香りともに変わらないことから、「硬蜜」と呼ばれています。 
「硬蜜」は歴代皇帝に献上されたと伝えられていることから、「皇蜜」と命名しました。
 ヤハシの開花は四川省で9月中旬に始まり、その後冬にかけて北から南へ、山の上から麓に向かって咲いていきます。主な花期は約40日。流蜜は25日前後です。
 ヤハシが取れる地は、秘境といわれている標高1600~2500メートルという高地で自然に満ちた地域です。高い山々、深い渓谷に囲まれ、自然が用意してくれた最高の蜜源です。そして、そこの地に住み独自の文化を持つ少数民族イ族が硬蜜をつくり続けています。
 中国国内でも上質で希少な蜂蜜として扱われているため、「知る人ぞ知る貴重な蜂蜜」、「幻の蜂蜜」として色、香り、味ともに優れ、体験したことのない上品な味わいを堪能してみませんか?

歴代皇帝に献上されたと伝えられている皇蜜を味わってみませんか?

トップへ戻る